コネリーがあるストーリー

それでは実際にコネリーがあったらどんなことができるのか、3人の登場人物の人生を絡めてご紹介したいと思います!

コネリーストーリー:ジェームズ・ウッズさんの恋物語

ジェームズ・ウッズさんは独身です。友人はみんな結婚をして、幸せな家庭をもっています。
ジェームズさんはいつも思っています。「自分も家庭を持ちたいな・・・」

そこでジェームズさんはコネリーに登録をしました。
登録をするときにジェームズさんは「恋人」という属性を「なし」にして設定しました。

ジェームズさんの知人もコネリーを使っていて、これらの複数の友人たちがジェームズさんを「友人」としてコネクトしました。その友人の中にはサラ・コネリーさんという女性と繋がりを持っている人がいました。

サラさんの「恋人」属性はジェームズさんと同じく「なし」です。
ジェームズさんは「恋人」属性の「なし」の隣にあったボタン「探してみる」をクリックしました。
するとジェームズさんのコネクション管理ページには「恋人」属性の候補者として「サラ・コネリー」さんが現れます。

それを見たジェームズさんは思い切って「サラ・コネリー」さんに向けて、「ハロー!」ボタンを押してみました。
そこからの二人の物語がゆっくりと始まりました。

コネリーストーリー:サラ・コネリーさんの危機

サラ・コネリーさんはコネリーで思いがけず知人の知り合いの独身男性「ジェームズ・ウッズ」さんとお付き合いをはじめることができました。

そんなある日、サラさんに危機が訪れます。

なんと・・・勤めていた会社が倒産してしまいました。
途方にくれたサラさんはコネリー内の「お仕事」属性を「なし」に設定し、ためいきをつきました。

するとふと見ると「なし」に設定した「お仕事」属性の隣に「探してみる」ボタンが現れています。
サラさんは思い切ってこのボタンを押してみました。

すると、たくさんの会社が候補にあがってきました。
「みかん商事」はサラさんの知人・ピーター・ゲイズさんの勤め先、「メロン株式会社」は知人Bの勤め先です。
さらに「有限会社スイカ」も候補に挙がってきました。

この会社はサラさんが住んでいる町でコネリー内で求人をかけている会社です。

サラさんは迷った末、思い切ってピーター・ゲイツさんの勤め先「みかん商事」にコンタクトを取ることにしました。コン
タクトの取り方は非常に簡単で、ピーター・ゲイツさんの「お仕事」属性部分に現れた「紹介してください」ボタ
ンを押せば良いだけです。

だけど、知人Bの「メロン株式会社」は「紹介してください」ボタンがありませんでした。
これは知人Bが「お仕事属性」でコネクションを断っているためです。

コネクションストーリー:ピーター・ゲイツさんの憂鬱

ピーター・ゲイツさんは「みかん商事」を切り盛りする社長さんです。

最近、新人のサラ・コネリーさんも入社し、ますます事務所は活気めいてきました。
けれどもピーターさんは最近少し悩んでいました。

「売上が落ちてきているなあ・・・なにかいい方法がないだろうか?」

そんなある日、ピーターさんはコネリーの自分のプロフィールページを眺めていました。
するとそこに、あるボタンがあることに気がつきました。

「コネクションを見つける」というボタンです。

なんだろうと思いそのボタンをクリックすると、ページが移ってピーターさんとコネクションを持っている人々の「属性」
が一覧化されていました。「勤め先」、「恋人」、「かかりつけ医」、「経営コンサルタント」など、さまざまな属性が並んでいます。

ピーターさんはふと気になり「経営コンサルタント」をクリックします。するとこの属性と繋がりを持つピーターさんの知人が3名ピックアップされました。なんとピーターさんの知人の3名が同じ経営コンサルタント会社と繋がりを持っているようです。

ピーターさんは思い切ってその中の一人の名前の横にある「紹介して」ボタンを押します・・・。

コネリー

人と人との繋がりは、偶然の出会いで自然と増えていくことは皆さんもご存知だと思います。
けれど、この「人と人との繋がり」をもっと自分らしく、自分本位に自然と増やしていけるツールはなかなかありません。
たとえばFacebookでもそうです。

Facebookは新しい職場や学校というある属性に所属して初めて、

「ねえ? あなたはFacebook使ってる? 使っているなら友人登録しない?」

といったアクションが起こります。
これでは自分本位に「人と人との繋がり」を増やすことはできません。
自分が必要としているコネクションは、もっとも身近な友人や知人のそばに、または自分の住んでいる地域にあったりするものです。

コネクションファクトリーはこうした「潜在的なコネクションのニーズ」に応えるツールとして、より自分らしく、自分本位に積極的にあなたの人生を豊かにする、
「人と人との繋がり」を増やすツールなのです。